脱臭設備研究所-においとる-脱臭設備・脱臭装置の導入GUIDE » 脱臭方法の種類・仕組みについて » 生物脱臭法

生物脱臭法

微生物の作用を利用して悪臭を分解除去する、生物脱臭法について解説。生物脱臭法の種類やそれぞれの特徴、メリット、デメリット、おすすめメーカーについてまとめています。

生物脱臭法とは

生物脱臭法は微生物の作用を利用して悪臭物質を分解除去する方法です。食物は微生物によって分解されて腐敗が起こり、悪臭物質を発生しますが、その一方で、そうした悪臭物質を分解する別の微生物も存在します。悪臭物質を分解してくれる微生物を人工的装置の中に生息させて、悪臭物質を分解させるのが生物脱臭法です。

生物脱臭法の図

生物脱臭法のメリット

  • 吸着剤や薬剤などを使用しないので、ランニングコストを抑えることが可能
  • 土壌脱臭法と比べて設置面積が小さくてすむ
  • 比較的維持管理が楽
  • 微生物を利用した、自然に優しい脱臭方法

生物脱臭法のデメリット

  • 微生物によって、分解できるにおい成分に限定される
  • 充填担体の保水性に合わせて散水する必要がある
  • 送入ガス量が限定される

生物脱臭法の脱臭装置・脱臭設備の選び方

女性

業者を選ぶ際は「同業種での実績」に注目!

脱臭設備を導入する際は、自分の事業場の種類やにおいの発生源、においの質に合った脱臭法の原理、特徴を十分に理解し、においの発生源の特性に合った適切な脱臭装置を選択することが重要!また、においには様々な種類があり、臭気によって方式が異なるため、選ぶ際は「同業種での実績」に注目しましょう。たとえ実績数が少なくても、あなたの事業場に合った臭気対策への実績があれば、信頼できる証といえるでしょう。

生物脱臭法の脱臭装置 ・脱臭設備おすすめメーカー

様々な業種の高濃度なにおいでお悩みの方へ

ミライエ

ミライエ
引用元:ミライエ(https://miraie-corp.com/product-deodorizer)

導入業種実績

  • 養豚場
  • 汚泥施設
  • 製紙工場
  • 食品リサイクル
  • 汚泥堆肥化施設
おすすめPOINT
  • 既存の脱臭施設にも、入れ替えが可能
  • 劣化しにくい多孔質ガラスを採用!長期間に渡り交換不要で消耗品のコスト削減

下水に関するにおいでお悩みの方へ

扶桑ユニテック

扶桑ユニテック
引用元:扶桑ユニテック(http://www.fuso-u.co.jp/results/)

導入業種実績

  • 水みらいセンター
  • 水再生センター
おすすめPOINT
  • 少量の散布用水と脱臭ファンの電力のみで稼働
  • 大風量設備の導入実績あり
  • 微生物を高密度に固定化したバイオコールを採用!

農業集落の排水のにおいでお悩みの方へ

ウォーターナビ
デオクリーン

ウォーターナビ デオクリーン
引用元:ウォーターナビデオクリーン(https://waternavi.co.jp/product/deoclean/)

導入業種実績

  • 農業集落排水処理施設
おすすめPOINT
  • 小さいサイズの外寸は1.2m×1.1m×1.5m!
  • 省スペースで設置が可能
  • 原料が安価な廃ガラスを原料としたアクセラを採用

※選定基準 ・「脱臭設備」でGoogle検索、表示された29社を調査。2021年11月19日調査時、公式HPに生物脱臭法の導入事例情報が掲載されていた会社のみを選定。
・導入実績…公式サイトにこの方式の導入事例・業種が掲載されていたものを記載しています。

生物脱臭法の種類・仕組み

生物脱臭法は大きく、微生物が固体表面に付着している固相型と、液体中に分散している液相型に分けられます。固相型には充填塔式脱臭法が、液相型にはばっ気法とスクラバー法があります。

充填塔式生物脱臭法の特徴

充填塔に微生物充填担体を詰め、そこに臭気物質を通して、微生物によって臭気を分解させます。土壌やコンポストの代わりに、木質チップやガラス発泡材など、より生物が高密度で生息でき、かつ、その充填物の表面積が大きく、気液接触効率のいい担体を使って、効率的な脱臭を目指します。

充填塔式生物脱臭法には、薬液洗浄法と比べて薬品代を節約できる、充填物の圧力損失が小さいため動力が低減される、pH調整のみの維持管理ですむ、土壌脱臭法と比べて設置面積が小さくてすむという利点があります。

  • おもな適用対象例:下水処理場、し尿処理場、食品加工工場、飼料肥料工場

活性汚泥ばっき法の特徴

活性汚泥槽に臭気物質を吹き込んで溶解させて、微生物によって分解させます。活性汚泥排水処理施設のある工場では、悪臭処理用に併用することができるので、設備費が安くすみます。微生物を利用するため環境負荷も小さくなります。

  • おもな適用対象例:下水処理場、し尿処理場、食品加工工場

活性汚泥スクラバー法の特徴

活性汚泥液をスクラバーに充填し、その中で臭気を微生物によって分解させます。余剰活性汚泥が入手できる施設において、この方式はメリットが大きいといえます。装置のコンパクトが可能で、微生物を利用するため環境への負荷が小さいのも特長です。

  • おもな適用対象例:鋳物工場、有機肥料工場、飼料工場

PR|木質チップ脱臭で臭いがとれない方へ

CHECK

既存の脱臭設備にそのまま導入することも可能!
多孔質ガラス材を使用した生物脱臭システムとは?

高濃度の悪臭に対して多くの導入実績を持つ多孔質ガラス材を使用した生物脱臭システムをご存知ですか?従来の生物脱臭法と比べて、悪臭除去能力が高く、低コストで、手間もかからないなどの多くの利点をもつのが、多孔質ガラス材を使用した脱臭システムです。従来の木質チップ脱臭で除去できなかった悪臭が、多孔質ガラス脱臭に入れ替えることで脱臭できた事例も紹介しているので、ぜひ参考にご覧ください。

生物脱臭法の脱臭装置・脱臭設備おすすめメーカー

ミライエの脱臭設備について詳しく

生物脱臭装置
引用元HP:ミライエ
https://miraie-corp.com/product-deodorizer

様々な業種の高濃度なにおいでお悩みの方へ

劣化しにくい多孔質ガラスを担体に使用しているので、長期にわたって交換が不要!散水は循環水式方式なのでコストが抑えられ、既存の脱臭施設にも入れ替えが可能です。また、臭気成分を分解するために必要なおが粉や薬品等の消耗品も要らずコスト面に優れています。

  • 所在地:島根県松江市矢田町250-167

扶桑ユニテックの脱臭設備について詳しく

扶桑ユニテック
引用元:扶桑ユニテック(http://www.fuso-u.co.jp/results/)

下水に関するにおいでお悩みの方へ

微生物を高密度に固定させたオリジナルのバイオコールで悪臭ガスを除去。高濃度臭気にも対応。少量の散布用水と脱臭ファンの電力のみでランニングコストが大幅に削減できます。

  • 所在地:東京都北区赤羽西4-44-2

ウォーターナビの脱臭設備について詳しく

ウォーターナビ
引用元HP:ウォーターナビ
(https://waternavi.co.jp/product/deoclean/)

農業集落の排水のにおいでお悩みの方へ!複合的な解決策を提供

産業廃棄物として処分された調味料や飲料水のガラス容器を原料にしたガラス発泡材のアクセラを使用。圧密現象を起こすことなく、常に安定した脱臭性能を発揮します。

  • 所在地:大阪府大阪市北区東天満2-2-3 ダイアパレス南森町304

生物脱臭法の脱臭装置・脱臭設備を
取り扱っているメーカー

業界別!

適切な脱臭方式を
チェック

PR
既存の設備を活かせる
脱臭システムとは?