脱臭設備研究所-においとる-脱臭設備・脱臭装置の導入GUIDE » 脱臭設備・脱臭装置のメーカーリスト » 日東化工機

日東化工機

このページでは、日東化工機が開発・製造を行う脱臭装置の特徴、口コミ評判、導入事例などについて紹介しています。

日東化工機が対応できる臭気

活性炭吸着塔、NITTOマルチスプレー、NITTOミニクリーンの対応可能臭気

下水臭、生活臭、ペット臭、食品臭、肥料臭、化学薬品臭など

無充填・気液混合式 PBスクラバーの対応可能臭気

塩化水素、フッ化水素、塩素ガス、硫酸ミスト、クロム酸ミストなど

日東化工機で取り扱っている脱臭装置・脱臭設備

吸着法:活性炭吸着塔、NITTOミニクリーン

吸着法とは、ゼラニウムや活性炭といった表面に微細な凹凸を持つ物質に、臭いの原因となる物質を吸着させて脱臭を行う脱臭方法です。活性炭を吸着剤として利用する場合には、複数の種類の活性炭を混合して使用することが一般的ですが、日東化工機の「活性炭吸着塔」では、単種の添着活性炭でありながら、幅広い臭気成分に対応する「NTハイパー」を採用しており、コストパフォーマンスに優れているという特徴を持ちます。

消・脱臭剤法:NITTOマルチスプレー

消・脱臭剤法では、臭いの原因となる物質を中和する効果を持つ液体を希釈・散布して脱臭を行います。コストパフォーマンスに優れ、比較的強い臭気であっても希釈率を変えることで対応することが出来ます。

洗浄法:無充填・気液混合式 PBスクラバー

洗浄法とは、臭気ガスを装置内の薬液と気液接触させることで、臭いの原因となる物質を除去する脱臭方法です。日東化工機が同社の誇るスクラバー技術を駆使して開発した「無充填・気液混合式 PBスクラバー」は、スクラバーの内部に充填材や多孔板がないため、目詰まりが起こることがなく、また、処理するガスに応じてスクラバーの材質をFRP、塩化ビニル、ポリプロピレン、ステンレスに変更することで、幅広い臭気に対応することが出来ます。

CHECK

脱臭装置・脱臭設備メーカーを選ぶ際は
「同業種での実績」に注目!

脱臭設備を導入する際は、自分の事業場の種類やにおいの発生源、においの質に合った脱臭法の原理、特徴を十分に理解し、においの発生源の特性に合った適切な脱臭装置を選択することが重要。また、においには様々な種類があり、臭気によって適している脱臭方法が異なるため、選ぶ際は「同業種での実績」に注目しましょう。たとえ実績数が少なくても、あなたの事業場に合った臭気対策への実績があれば、信頼できる証といえるでしょう。

悪臭を解決!脱臭装置・脱臭設備導入事例

日東化工機の脱臭装置は、研究施設、半導体工場、化学プラント、メッキ工場、下水処理場、ゴミ処理場、し尿処理場、病院、養護施設、飲食店・調理加工施設、集中浄化槽施設、ペットショップ、養豚・養鶏場、清掃施設などで導入実績があります。

日東化工機の脱臭装置・脱臭設備を導入した方の口コミ評判

日東化工機の脱臭装置・脱臭設備を導入した方の口コミ評判は見つかりませんでした。

まとめ:日東化工機はこんな業種・施設におすすめ!

女性

幅広い業種・施設で導入可能

日東化工機は、吸着法の活性炭吸着塔やNITTOミニクリーン、消・脱臭剤法のNITTOマルチスプレー、洗浄法の無充填・気液混合式 PBスクラバーなど、用途も規模も異なる様々な脱臭装置を開発・製造しています。NITTOミニクリーンやNITTOマルチスプレーは飲食店や病院、養護施設やペットショップで、活性炭吸着塔は下水道施設や清掃施設、化学薬品プラントで、無充填・気液混合式 PBスクラバーは研究施設や半導体工場、化学プラントなどで導入実績があり、臭気の発生場所、濃度、処理風量、コストなどを踏まえたうえで、最適な装置プランを提案してくれるので、基本的にはどのような業種・施設であっても導入することが出来るでしょう。

日東化工機の概要

  • 会社名称:日東化工機株式会社
  • 所在地:東京都江東区常盤1-17-11
  • 事業内容:環境装置・省力化自動装置・鉛製品・樹脂製品・樹脂ライニングの開発・製造、現地工事、環境装置のメンテナンス、など
  • 設立:1935年(昭和10年)
  • 資本金:8,450万円
  • 公式サイトURL:http://www.nitto-kakoki.co.jp/index.html

業界別!

適切な脱臭方式を
チェック

PR
既存の設備を活かせる
脱臭システムとは?