脱臭設備研究所-においとる-脱臭設備・脱臭装置の導入GUIDE » 脱臭設備・脱臭装置のメーカーリスト » 松定プレシジョン

松定プレシジョン

このページでは、三層フィルタや二層フィルタを搭載し、強力な脱臭効果を持つ松定プレシジョンの脱臭装置の特徴や導入事例について紹介していきます。

松定プレシジョンが対応できる臭気

Q511の対応可能臭気

アクリル酸、アセトン、イソプロピルアルコール(IPA)、エチルアルコール、塩化メチレン、オゾン、キシレン、クロロホルム、酢酸、酢酸ブチル、シクロヘキサン、スチレン、テトラヒドロフラン(THF)、トルエン、ホルムアルデヒド、メチルエチルケトン(MEK)

参照元:松定プレシジョン公式HP(https://www.matsusada.co.jp/product/cqci/qcl/q511/

Q451の対応可能臭気

アクリル酸、イソプロピルアルコール(IPA)、エチルアルコール、塩化メチレン、オゾン、キシレン、クロロホルム、酢酸、酢酸ブチル、シクロヘキサン、スチレン、テトラヒドロフラン(THF)、トルエン、ホルムアルデヒド、メチルエチルケトン(MEK)

参照元:松定プレシジョン公式HP(https://www.matsusada.co.jp/product/cqci/qcl/q451/

松定プレシジョンで取り扱っている脱臭装置・脱臭設備

吸着法:Q451以外のモデル

Q451を除く松定プレシジョンの脱臭装置には、プレフィルター、活性炭フィルター、不織布フィルターの三つのフィルターを組み合わせることで脱臭効率を高めた「三層フィルター」が採用されています。10μm以上の大きさのちりやほこりをプレフィルターで取り除き、においやガスは活性炭フィルタで吸着、肉眼では確認できない大きさの微細な粒子は静電気の力を使い不織布フィルタで集める構造となっており、空気清浄化の効果も非常に優れたものとなっています。

吸着法:Q451

Q451には、三層フィルターの代わりに、約12kgもの活性炭を含む専用の「大容量特殊活性炭フィルター」が使用されています。多量の活性炭の力で、様々な臭気を強力に消臭できます。

CHECK

脱臭装置・脱臭設備メーカーを選ぶ際は
「同業種での実績」に注目!

脱臭設備を導入する際は、自分の事業場の種類やにおいの発生源、においの質に合った脱臭法の原理、特徴を十分に理解し、においの発生源の特性に合った適切な脱臭装置を選択することが重要。また、においには様々な種類があり、臭気によって適している脱臭方法が異なるため、選ぶ際は「同業種での実績」に注目しましょう。たとえ実績数が少なくても、あなたの事業場に合った臭気対策への実績があれば、信頼できる証といえるでしょう。

悪臭を解決!脱臭装置・脱臭設備導入事例

具体的な導入事例に関する情報は見つかりませんでしたが、有機溶剤等の臭いの脱臭、はんだ付け時のガス等の除去、フィルムや樹脂の接着時等にでる臭いの脱臭、レーザーマーキング時の臭い等の除去、といった用途で導入されているようです。

松定プレシジョンの脱臭装置・脱臭設備を導入した方の口コミ評判

松定プレシジョンの脱臭装置・脱臭設備の口コミ評判は見つかりませんでした。

まとめ:松定プレシジョンはこんな業種・施設におすすめ!

女性

製造業や化学工場
におすすめ!

有機溶剤等の臭いの脱臭、はんだ付け時のガス等の除去、フィルムや樹脂の接着時等にでる臭いの脱臭、レーザーマーキング時の臭い等の除去、といった用途で使用されている松定プレシジョンの脱臭機。

  • コンパクトなボディと高風圧を両立した「Q211」
  • 小型で取り回しがしやすい「Q201」
  • 二本のダクトを持つ「Q301」
  • 大容量特殊活性炭フィルターを搭載した「Q451」
  • サーキュレットプッシュプル方式を採用し、有機溶剤の臭気の脱臭に適した「Q511」

といった豊富なラインナップが取り揃えられているため、自社の用途や条件等に合わせて、適当なものを選ぶことが出来ます。

松定プレシジョンの概要

  • 会社名称:松定プレシジョン株式会社
  • 所在地:滋賀県草津市青地町745
  • 事業内容:電源装置の開発・販売、光半導体デバイス・オプトエレクトロニクス応用機器・X線発生機器・X線透過検査装置などの分析装置の開発・販売、電子顕微鏡やデジタルX線マイクロスコープの開発・販売、アルミフレーム製品・クリーンブースの開発・販売、など
  • 設立:1978年(昭和53年)
  • 資本金:4,000万円
  • 公式サイトURL:https://www.matsusada.co.jp/corporate/

業界別!

適切な脱臭方式を
チェック

PR
既存の設備を活かせる
脱臭システムとは?