脱臭設備研究所-においとる-脱臭設備・脱臭装置の導入GUIDE » 脱臭設備・脱臭装置のメーカーリスト » 近藤工業

近藤工業

このページでは、VOCを含む排ガス向けの処理に特化した近藤工業の脱臭装置の特徴、導入事例、口コミ評判等を紹介しています。

近藤工業が対応できる臭気

蓄熱燃焼式排ガス処理装置、触媒酸化式脱臭装置、触媒酸化式脱臭装置の対応可能臭気

VOCなど

近藤工業で取り扱っている脱臭装置・脱臭設備

燃焼式:蓄熱燃焼式排ガス処理装置

燃焼法とは、臭いの原因となる物質を高温で焼却することで、臭いを取り除く脱臭方法です。焼却法の脱臭装置には、直接燃焼式、触媒燃焼式、蓄熱式といった種類がありますが、近藤工業では、このうち、備蓄式の燃焼法脱臭装置を開発・製造しています。微熱式とは、蓄熱体を使用し、800~1000℃程度の熱で臭気成分を焼却する方式で、熱交換効率が高く、また、ガス量が少ない場合であっても効果的に脱臭することが出来ます。

触媒酸化式脱臭装置

触媒酸化式とは、燃焼法の一つです。触媒材を利用することで150~350℃程度の温度で臭気の原因となる物質を分解することが出来るため、コストパフォーマンスに優れています。しかし、その一方で、一部の臭気物質に対しては効果が乏しいことが、触媒酸化式のウィークポイントの一つでした。しかし、近藤工業では、米国C.P.I社と技術提携することで、有機シリコーン・重金属類を含むガスの脱臭も可能な触媒酸化式脱臭装置を開発・製造しています。

濃縮+燃焼式処理装置

濃縮+燃焼式処理装置は、燃焼法脱臭装置に活性炭やゼオライトを吸着剤とするローターを組み合わせた脱臭装置です。ガスを濃縮してから焼却するため低濃度・大風量のVOC含有排ガスの処理に適しており、装置の規模も小さくコンパクトである、という特徴を持っています。

CHECK

脱臭装置・脱臭設備メーカーを選ぶ際は
「同業種での実績」に注目!

脱臭設備を導入する際は、自分の事業場の種類やにおいの発生源、においの質に合った脱臭法の原理、特徴を十分に理解し、においの発生源の特性に合った適切な脱臭装置を選択することが重要。また、においには様々な種類があり、臭気によって適している脱臭方法が異なるため、選ぶ際は「同業種での実績」に注目しましょう。たとえ実績数が少なくても、あなたの事業場に合った臭気対策への実績があれば、信頼できる証といえるでしょう。

悪臭を解決!脱臭装置・脱臭設備導入事例

近藤工業の脱臭装置は、化粧品製工場、食品製造工場、産業用機械製造工場などで導入事例があります。

近藤工業の脱臭装置・脱臭設備を導入した方の口コミ評判

近藤工業の脱臭装置・脱臭設備を導入した方の口コミ評判は見つかりませんでした。

まとめ:近藤工業はこんな業種・施設におすすめ!

女性

VOCを含む排ガス
の処理に特化

既に触れたように、近藤産業の脱臭装置は、VOCを含む排ガスの処理に特化した装置となっています。よりコンパクトな装置が必要な場合に適した濃縮+燃焼式処理装置、有機シリコーン・重金属類を含むガスも処理することが出来る運用コストに優れた触媒酸化式、VOCを含むガスであれば幅広く対応し、熱交換効率は95%のため運用コストにも優れた蓄熱燃焼式排ガス処理装置など、用途に応じて選ぶことが出来る幅広いラインナップを用意しており、装置設置予定箇所の大きさや、職種、予算などに応じて適切な装置を提案してくれます。VOCを含む排ガスの処理に関してノウハウをもつ業者をお探しの方におすすめのメーカーです。

近藤工業の概要

  • 会社名称:近藤工業株式会社
  • 所在地:愛知県豊田市高丘新町天王11番地
  • 事業内容:各種自動車部品の製造加工、各種工作機械の設計・製作・販売、住宅関連機器の設計・製造・販売、立体駐車場及びその他建設工事の設計・施工、脱臭装置、オフリン用熱風ドライヤー、コーヒー焙煎機、コーヒープラント、その他環境に関する機械設備器具の設計・製作・販売
  • 設立:1962年(昭和37年)
  • 資本金:48百万円
  • 公式サイトURL:http://www.kogyo.kondo.co.jp/

業界別!

適切な脱臭方式を
チェック

PR
既存の設備を活かせる
脱臭システムとは?