脱臭設備研究所-においとる-脱臭設備・脱臭装置の導入GUIDE » 脱臭設備・脱臭装置のメーカーリスト » ダイオーエンジニアリング

ダイオーエンジニアリング

ここでは、ダイオーエンジニアリングで取り扱っている脱臭装置や対応できる臭気について解説します。

ダイオーエンジニアリングが対応できる臭気

化学工場から排出される有害ガスや下水処理施設・し尿処理施設などからの悪臭など。

ダイオーエンジニアリングで取り扱っている脱臭装置・脱臭設備

ダイオーエンジニアリングで取り扱っている脱臭装置や方式は主に以下の種類です。悪臭の原因物質や費用対効果などをヒアリングしながら、適している脱臭方式を提案しています。

燃焼脱臭方式

燃焼脱臭方式は、排ガスを高温で燃焼させて酸化分解し無害化する方法。燃料費がかかるためランニングコストが大きくなる傾向にありますが、ダイオーエンジニアリングでは臭気ガスの種類や設置場所に応じて、直接燃焼と触媒燃焼を提案できます。高濃度の臭気を継続して処理できますが、設備設置のためのイニシャルコストも大きいのがデメリットといえます。

吸着方式

吸着方式では、臭気成分を活性炭などの吸着剤に付着させて取り除きます。低濃度の臭気に適していて、燃焼脱臭方式に比べると設備がコンパクトです。吸着剤は一定期間過ぎると交換が必要。高濃度・高温の排ガスには不向きです。

洗浄方式

洗浄方式は、酸・アルカリ溶液や酸化剤溶液を臭気ガスに触れさせることで化学反応を起こし脱臭する方法です。装置は比較的安価で、粉塵を含む臭気ガスにも使用可能。デメリットは、汚水が発生するため処理しなければならないことです。

生物脱臭方式

生物脱臭方式は微生物の代謝能力を利用した方法です。微生物を充填した担体に臭気ガスを流すと、悪臭の原因物質を微生物が分解してくれます。低濃度の臭気にも対応でき、ランニングコストが比較的安価なのがメリットです。一方デメリットとしては、装置が大型になることと、微生物の管理維持が難しいことが挙げられます。

薬液噴霧方式

薬液噴霧方式は、臭気ガスに消臭・脱臭剤を直接噴霧することで悪臭を中和させる方法です。比較的安価に設備投資でき、必要なときだけ装置を運転させることが可能。ただし、高濃度の臭気には対応できず、薬剤のコストが発生するというデメリットもあります。

CHECK

脱臭装置・脱臭設備メーカーを選ぶ際は
「同業種での実績」に注目!

脱臭設備を導入する際は、自分の事業場の種類やにおいの発生源、においの質に合った脱臭法の原理、特徴を十分に理解し、においの発生源の特性に合った適切な脱臭装置を選択することが重要。また、においには様々な種類があり、臭気によって適している脱臭方法が異なるため、選ぶ際は「同業種での実績」に注目しましょう。たとえ実績数が少なくても、あなたの事業場に合った臭気対策への実績があれば、信頼できる証といえるでしょう。

悪臭を解決!脱臭装置・脱臭設備導入事例

脱臭装置・脱臭設備の導入事例は見当たりませんでした。

ダイオーエンジニアリングの脱臭装置・脱臭設備を
導入した方の口コミ評判

口コミ評判は見当たりませんでした。

まとめ:ダイオーエンジニアリングは
こんな業種・施設におすすめ!

女性

どのような方式で脱臭したらよいのかわからないという方におすすめ

ダイオーエンジニアリングは大王製紙のグループ企業。ものづくりを支える産業機械を多く製作・販売しています。脱臭装置に関しては、直接燃焼や微生物、薬剤などさまざまな方法を取り扱っており、有害ガスや悪臭の種類や費用対効果によって選択可能です。悪臭に悩んでいるけれど、どのような方式で脱臭したらよいのかわからないという方におすすめしたい企業といえます。

ダイオーエンジニアリングの概要

  • 会社名称:ダイオーエンジニアリング株式会社
  • 所在地:愛媛県四国中央市三島朝日1-10-13
  • 事業内容:環境関連設備の設計・製作・施工・販売事業
  • 設立:1972年(昭和47年)7月
  • 資本金:6,000万円
  • 公式サイトURL:https://www.daio-eng.co.jp/

業界別!

適切な脱臭方式を
チェック

PR
既存の設備を活かせる
脱臭システムとは?