脱臭設備研究所-においとる-脱臭設備・脱臭装置の導入GUIDE » 脱臭設備・脱臭装置のメーカーリスト » シー・エス・シー

シー・エス・シー

ここでは、シーエスシーが取り扱っている脱臭装置や対応可能な臭気、実際に導入した事例、おすすめの業界について紹介しています。

シー・エス・シーが対応できる臭気

気化脱臭装置「爽」の対応可能な臭気

厨房排気臭(各種飲食店・スーパー・ホテル・給食センター・食堂)、工場排気臭(食品加工・鋳造・アスファルト・工作機械)、畜産農場の動物臭・堆肥臭、産業廃棄物、生ゴミピット臭、下水処理場、喫煙室排気臭

参照元:シー・エス・シー(https://www.kkcsc.co.jp/pages/sawayaka

シー・エス・シーで取り扱っている脱臭装置・脱臭設備

シー・エス・シーで取り扱っている脱臭装置は、以下の通りです。

薬液洗浄法:気化脱臭装置「爽」

独自の消臭液気化方式を用いた脱臭装置です。ガス化した天然植物性消臭液に、分子レベルの悪臭を接触させ、中和反応によって脱臭します。消臭液は、数十種類の樹木から採取した植物オイルをブレンドした無害なものなので、人体や外部環境に害を与えず、様々な場所で使える装置です。装置自体が軽量で省スペースなので設置しやすく、ほこりや油の影響を受けないため、長く使い続けても劣化しにくいです。圧力損失がないので、送風機コストを削減できます。あとから臭気濃度が変わっても、消臭ガス量を調整することで迅速な対応が可能です。

CHECK

脱臭装置・脱臭設備メーカーを選ぶ際は
「同業種での実績」に注目!

脱臭設備を導入する際は、自分の事業場の種類やにおいの発生源、においの質に合った脱臭法の原理、特徴を十分に理解し、においの発生源の特性に合った適切な脱臭装置を選択することが重要。また、においには様々な種類があり、臭気によって適している脱臭方法が異なるため、選ぶ際は「同業種での実績」に注目しましょう。たとえ実績数が少なくても、あなたの事業場に合った臭気対策への実績があれば、信頼できる証といえるでしょう。

悪臭を解決!脱臭装置・脱臭設備導入事例

CASE

養豚場から発生する悪臭を解決

気化脱臭装置「爽」
引用元HP:シー・エス・シー(イプロス)
https://premium.ipros.jp/kkcsc/product/detail/2000180107/?hub=148+1219736

導入施設・業種

導入施設:養豚場(肥育舎)
業種:養豚業

課題

800頭の豚を飼育しており、オゾン脱臭装置を使っていますが、効果が感じられないため、より効果のある脱臭装置に変えたいと考えている。

解決

気化脱臭装置「爽」を導入することで、悪臭問題が解決しました。植物を使ったオイルからできた消臭液は、豚舎で安心して使うことができます。天然植物性消毒液をガス化して、獣臭と分子レベルで接触させることにより中和反応を起こし、悪臭を緩和して屋外へ排気。以前の装置より、高い脱臭効果を感じています。

参照:イプロスものづくり(https://www.ipros.jp/product/detail/2000180107)

シー・エス・シーの脱臭装置・脱臭設備を
導入した方の口コミ評判

口コミ評判は見当たりませんでした。

まとめ:シー・エス・シーは
こんな業種・施設におすすめ!

女性

畜産業や食品業界、ホテルなどにおすすめです

シーエスシーは、輸入専門商社高千穂交易と岩井産業の合弁会社としての前身があり、現在は幅広い事業を展開している専門商社です。取り扱う多種多様な製品のひとつに、気化脱臭装置があり、現在社会の悩みのひとつであるニオイの問題に取り組んでいます。脱臭装置は、天然素材を使った消臭液気化方式で、高い脱臭効果を誇るものです。環境にやさしく、人体や外部環境に無害のため、清潔を保持する場所など、幅広い環境で使えます。畜産業や食品業界、ホテルなどは特におすすめです。各種工場、産業廃棄物処理場、下水処理場、喫煙室などでも利用されています。

シー・エス・シーの概要

  • 会社名称:株式会社シー・エス・シー
  • 所在地:東京都千代田区三番町3-8 泉館三番町4階
  • 事業内容:建設機械、鉱山機械、化学機械及び装置、他多数の販売・アフターサービス・輸出入業・建設工事請負業・太陽光発電による売電事業など
  • 設立:2010年(平成22年)
  • 資本金:8,800万円
  • 公式サイトURL:https://www.kkcsc.co.jp/

業界別!

適切な脱臭方式を
チェック

PR
既存の設備を活かせる
脱臭システムとは?